メイクの短所:ランチタイムには化粧直しをしないといけない。洗顔してすっぴんに戻った時の落差。化粧品の出費が嵩む。ノーメイクでは人に会えないという強迫観念のような思い込み。
下半身は心臓から遠い位置にあるため、重力の影響でリンパ液の流動が悪化するのが普通だ。むしろ下半身にみられるむくみは、リンパ液がやや鈍くなっているという印の一種程度に受け取ったほうがよいだろう。
メイクの長所:新商品が発売された時のドキドキ。自分の素肌とのギャップに楽しさを感じる。様々な化粧品に散在することでストレスを発散できる。メイクアップ自体の興味。
メイクの長所:容貌が向上する。お化粧も嗜みのひとつ。本当の年齢より年上に写る(あくまで20代前半までに限る)。人に与える自分の印象を毎日変えることが可能。
日光を浴びて作られたシミをどうにかして消そうとするよりも、シミができないようにあらかじめ予防したり、肌の奥に潜んでいるシミの補欠を防御することの方が大事って分かっている人はまだ多くありません。
睡眠時間が足りないと人の肌にどんなダメージを与えるのかお分かりですか?その代表のひとつは肌のターンオーバーの遅延です。皮膚の生まれ変わるスピードが遅くなります。
ドライスキンの素因の一つである角質の細胞間脂質と皮脂の量の低落は、アトピーなど遺伝的な要素によるものと、逃れようのない年齢や化粧品や洗浄料による後天的要素によるものが存在します。
アイカラーなどのアイメイクを落とす時にメイクをきれいに落としたいあまりにゴシゴシと強くクレンジングした場合、皮膚が荒れたり酷くなれば炎症を起こして色素沈着が起こってしまい、目の下の隈の元凶となるのです。
ピーリングは、古くなった要らない角質を専用化粧品などでピール(peel:皮を剥くの意味)し続けて、まだ新しい整った肌(角質)に入れ替え、新陳代謝を促す合理的な美容法です。
形成外科とは異なり美容外科が損壊などのない健康な身体に処置を加えるという美容のための行為なのに対して、結局は安全性への意識がなっていなかったことが大きな要因としてあるのだ。
ここ10年で一気に浸透したネイルケアとは、手足の爪とその周辺の皮膚の手入れ全般を指す。健康、ビューティー、ファッション、医者による医療行為、生活の質(クオリティオブライフ)の保全といったあらゆる活躍の場が存在し、もはやネイルケアは確立された分野と言っても過言ではない。
全般的には慢性化するも、有効な処置のおかげで病が統制された状態に維持できれば、いずれは自然寛解が望める疾患だと言われている。
アトピーの因子:家族の病歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)のうち何れか、もしくは2種類以上)、IgE 抗体を生産しやすいと思われる因子、等。
美容とは、顔の化粧や結髪、服飾などにより容貌をよりきれいに見せるために形作ることをいう。かつて江戸時代には化粧(けわい)と同じように使用されていたらしい。
アトピー原因:家族歴と既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん)のうち一つ、もしくは2つ以上)、IgE 抗体を生産しやすい原因、等。